おてて絵本のたのしみ方

1 おてて絵本をはじめましょう

「ほ〜ら、おてて絵本だよ〜」
右手を左手をくっつけて「おてて絵本」のカタチにし、
パタパタ開閉してみせます。


初めての場合、へ。
やったことがある場合、へ。

2 お手本を聞かせてあげましょう

「おててに見えるお話を読んでみようね。
 まずおかあさん(おとうさん)からやってみようか」

やったことのないお子さんには、
まずやり方の見本を大人が見せてあげてください。
お話の途中ひと段落するごとに、おててのページをめくります。

3 主人公を決めてもらいましょう

「それじゃ、今度は○○ちゃんが読んでね。
 おてて絵本を開いて、何が見えるかな?」

何が見えるか聞くことで想像をかきたて、
お話の主人公を決めさせます。

4 こどもに聞してもらいましょう

「はい、じゃあ、お話してね」

こどもにお話を始めてもらいます。

5 お話に合いの手を入れましょう

「うんうん、それから?」
「おもしろいね!そして?」

こどもの語りが済むたびに次のページを促します。
合いの手を入れたり、お話の感想を言ったり、
続きを期待したり、反応でメリハリをつけましょう。
6 お話を結末に向かわせましょう

「それで、最後はどうなったの?」

こどものノリ、集中力、開始からの時間など、
様子を見てお話を結末に向かわせましょう。

7 楽しかったことを伝えましょう

「おもしろかったね!ありがとう!」

聞かせてくれたお話の感想を言ってあげ、ぎゅっと握手。
8 お話を記録しましょう

おもしろい話ができたら、忘れないうちにメモ!
お話は録音し、後ほど文書化できればよりベストです。

 

  トップページ | おてて絵本って?たのしみかた愛知県支部の活動 | 作品本棚おてて絵本書籍 | コラム | リンク
inserted by FC2 system